伊原剛志のエージェントを仰せつかりました。

伊原剛志のエージェントを仰せつかりました。

 

特にファッションやライフスタイル等をベースに、

俳優「伊原剛志」を新たなステージへアプローチして参ります。

ファッション誌や各メディア、宣伝広告CMなどのご用命を承ります。

ご興味がございましたら、ぜひ一度ご連絡ください。

 

(お問い合わせは、こちらです。)

 

伊原剛志は2020年に独立、個人事務所IHARAオフィスを設立し、

ハリウッドを拠点に精力的に活動しています。

国内に於いても、劇場版シグナル『長期未解決事件捜査班』2021年4月2日公開、

NODA・MAP第24回公演の舞台『フェイクスピア』2021年5月24日公開予定、

映画『全裸監督2』2021年6月公開予定に出演いたします。

 

- 伊原剛志の略歴 -

数々の作品に出演してきた伊原剛志の略歴をご紹介いたします。

1983年に人気の舞台『真夜中のパーティ』でデビューし、翌年、

映画『コータローまかりとおる!』、ドラマ『素晴らしきサーカス野郎』に出演、

1996年に、朝ドラ『ふたりっ子』ではヒロインと結婚する幼なじみの

黒岩政夫を演じ注目され、伊原剛志の名を一躍有名にしました。その後、

朝ドラは『花子とアン』などの3作品、大河ドラマも『花燃ゆ』などの3作品に出演いたしました。

2006年、クリント・イーストウッド監督が硫黄島を舞台に、日本側からの視点で描いた

『硫黄島からの手紙』で、陸軍大佐バロン西こと西竹一を演じ、ハリウッド映画進出を果たしました。そして、

2012年、終戦後のブラジルを舞台に日系移民社会で起きた驚がくの歴史を描いたブラジル映画

『DIRTY HEARTS|汚れた心』に主演、第15回プンタデルエステ国際映画祭にて、

伊原剛志が日本人初の主演男優賞に輝くなど、国際的にも活躍する実力派としてその地位を築いています。

2014年、映画『超高速!参勤交代』では2年後の続編を含めて、忍びの雲隠段蔵役で出演しました。

2015年『LAST KNIGHTS|ラストナイツ』紀里谷和明監督のハリウッドデビュー作では、

クライブ・ オーウェン、そしてモーガンフリーマンと共演、勝るとも劣らない存在感を示しています。

 

GORI International Inc.